太陽光発電の歴史というのは意外に古く、アメリカの研究者、ピアソンという人が半導体の接合部分に光を当てると電流が生じることを発見したのが太陽光発電の始まりです。
この時期が1954年と古く、かなり前から研究は進んでいます。
この時期にできたものは、今よりもさらに発電効率が悪く、しかも高価ですから当時は全くと言っていいほど実用化には程遠い内容でした。
その後、第一次石油危機が到来したことによって、石油以外のエネルギーに着目した結果、サンシャイン計画といった太陽光の有効利用を計画したものが考え出され1980年代には太陽光エネルギー開発体制を整えるとともに、ソーラーシステム普及の支援制度が作られていきました。
1994年12月には「新エネルギー導入大綱」として、太陽光発電などといった自然エネルギーを活用する事を積極的に導入することを取り決めていったのです。
1999年には日本は太陽電池生産量世界一となり、さらに性能も口授させるなどしてきましたが、その後伸び悩み、ドイツなどに抜かれるような状況になってきます。

そして、現代では、原発などの代替エネルギーの一つとして太陽光発電は再び注目を集めており、現在の買い取り制度などの発展に寄与しているというわけです。
こちらにも詳しく太陽光発電について書いてあるので参考にしてください。⇒太陽光発電 歴史

関連記事


    これから自宅に太陽光発電を導入しようと思っている人も多いかと思います。 ですが、その際には少し注意する必要があります。それはどのパワーコンディショナーを導入するかという問題があります。 なぜなら、今…


    自分の家の光熱費を安くする事を考える方は大変多いのではないのでしょうか。 自分の好きな家でのんびりとくつろいで過ごす時間は多くの方にとっても大変重要な時間を提供してくれるのです。 普段から自分にとっ…